臨床心理士など学校外のスクールカウンセラーが行う学校カウンセリングの意義と効用

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数685
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「臨床心理士など学校外のスクールカウンセラーが行う学校カウンセリングの意義と効用等についてまとめ、それに対するあなたの考え、意見も述べなさい。」
     スクールカウンセラー(以下SC)は、不適応や、問題行動の未然防止や早期発見、早期解決のため、「心の専門家」として各学校に配置されている。(文部科学省資料)
     SCの活動の効用を、①生徒に対して、②教師に対して、③教育相談体制に対して、という観点からまとめる。
     ①生徒への効用 ― SCは学校外部の人であり、生徒を評価する立場にないので、生徒は身構えることなく相談できる。カウンセリングにおいて、生徒は受容される経験を通して自己理解を深め、自己指導能力..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。