教師が行う教育相談(学校カウンセリング)の在り方(進め方)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数918
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「教師が行う教育相談(学校カウンセリング)の在り方(進め方)について述べなさい。」
     従来、教育相談では生徒に対する強制的指導・管理に重点が置かれていた。近年子どもたちは多様化し、複雑な原因による深刻な問題行動が目立っており、より深い子どもたちの理解が必要とされ、教育相談ではカウンセリングの考え方が重視されている。
     カウンセリングには大きく分けて二種類がある。治癒的カウンセリングと発達援助的カウンセリングである。教育相談では、その対象は、人格形成の発展途上にある子どもである。フロイトの心的構造でいえば、イド・自我・超自我の三重構造がまだ流動的な状態である。子どもの神経症的な症状や問題行動は、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。