現代のメディア社会について具体的な例をあげながら、その特徴を解説せよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数2,338
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「現代のメディア社会について具体的な例をあげながら、その特徴を解説せよ。」
     本論では、ウェブと社会の関係に注目する。
     ウェブは、個人の情報発信と、テレビ、新聞、書籍などのメディアの機能をも取り込んでいる大きなメディアである。また、ウェブは今後もさらに形が変わっていくメディアである。これらの理由から注目したい。
     まず、テキスト第1章Ⅱの「コミュニケーション・モデル」の要素にそって、ウェブの特徴を整理する。次に、ウェブが社会に与える影響を、今後の動向も含めて考察する。特に、ウェブ上の情報の構造化が進むとどうなるかを考える。ここではテキストのインターネットに関連する箇所(第1章Ⅳ、第2章Ⅰなど)を参考する。
    1.ウェブの特徴
     コミュニケーション・モデルの九つの要素ごとにウェブの特徴をまとめる。
    ①送り手 ― あらゆる人、組織が送り手である。しかし、現時点では、技術に乏しい人は情報発信できない可能性もある。また、匿名で情報を発信することもできる。
    ②エンコード ― エンコードの選択肢が多い。例えば、文字・画像・動画・音声のうちどれを利用するか、文章だったら論調・文体をどうするか、顔文字を使うのか、匿名にするかどうか、などである。そして、具体的な手段としては、HTMLでウェブページを作るのか、ブログを利用するのか、FLASH動画にするかなどを選択する。
    ③情報 ― ウェブ上の情報はさまざまである。
     テレビの番組内容については、放送法による規制と行政指導があるが、ウェブでは人々が全く自由に表現できると言える。ただし、現在策定中の「情報通信法(仮)」が施行されれば、有害情報に規制がかかるようになる。
     また、ウェブ上には非常に大量の情報が存在している。
    ④メディア ― ウェブというメディアをさらに分解してみるなら、ハードとしては、パソコン、携帯電話、テレビ、ゲーム機などがあり、ソフトは主にブラウザソフトであり、インフラとしては電話・CATV回線等がある。プロバイダもインフラの一部と言えるかもしれない。
     特徴としては、インターネット全体の管理者はいない、つまり「誰のものでもない」自由さがあげられる。
    ⑤受け手 ― あらゆる人が受け手である。基本的には、受け手は「能動的に情報を探した人」である。送り手の場合同様、技術に乏しければ受け手になれない。
    ⑥デコード ― 情報探索の目的にもとづき、その情報は誰がいつ発信したか、真偽はどうか、自分が情報を消化するときの癖はどうか、などを意図的または自然に勘案し、デコードが行われる。
    ⑦効果 ― 知識として自分の中に取り入れる、それを人に伝える、論文に引用するなどの効果が発生する。ウェブ上の情報は、複製と他への再利用が容易なことは特徴的である。また、インターネットの双方向性により、商品購入などすぐにアクションに移せることも特徴的だ。
    ⑧文化体系⑨社会体系 ― ウェブは世界中の人が参加しているメディアのため、多種多様な文化的・社会的背景が存在しているといえる。
     以上要素毎にまとめたが、その中から次の特徴を取り上げ、ウェブが社会に与える影響を以下に考察していく。
    「技術が乏しければ送り手にも受け手にもなれない」
    「さまざまで大量の情報」「誰でも送り手になれる」
    2.ウェブが社会に与える影響
    2-1.現在のウェブと社会
    ・デジタルデバイド ― 若者や高所得者などが情報技術を活用してより高収入や雇用を手にする一方、活用できない高齢者や貧困のため情報機器を入手できない人々は、より一層困難な状況に追い込まれるという、社会的な

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「現代のメディア社会について具体的な例をあげながら、その特徴を解説せよ。」
     本論では、ウェブと社会の関係に注目する。
     ウェブは、個人の情報発信と、テレビ、新聞、書籍などのメディアの機能をも取り込んでいる大きなメディアである。また、ウェブは今後もさらに形が変わっていくメディアである。これらの理由から注目したい。
     まず、テキスト第1章Ⅱの「コミュニケーション・モデル」の要素にそって、ウェブの特徴を整理する。次に、ウェブが社会に与える影響を、今後の動向も含めて考察する。特に、ウェブ上の情報の構造化が進むとどうなるかを考える。ここではテキストのインターネットに関連する箇所(第1章Ⅳ、第2章Ⅰなど)を参考する。
    1.ウェブの特徴
     コミュニケーション・モデルの九つの要素ごとにウェブの特徴をまとめる。
    ①送り手 ― あらゆる人、組織が送り手である。しかし、現時点では、技術に乏しい人は情報発信できない可能性もある。また、匿名で情報を発信することもできる。
    ②エンコード ― エンコードの選択肢が多い。例えば、文字・画像・動画・音声のうちどれを利用するか、文章だったら論調・文体をどうするか、顔文字..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。