第三者に効果的なプレゼンテーションをおこなう場合のキーポイント

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数436
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「第三者に効果的なプレゼンテーションをおこなう場合のキーポイントを、自身の実例に即して述べよ。」
     以前私が専門学校の講師として担当していた初級システムアドミニストレータ(以下「シスアド」)講義を振り返って、プレゼンテーションのキーポイントを整理した。
     以下に、計画、準備、発表の段階ごとにまとめる。
    1.計画におけるキーポイント
    ・目的を明確にする
     効果的な発表の内容、手法、資料などを決めていくためには、目的を明らかにしておくことが欠かせない。
     シスアド講義の目的は、シスアド資格試験範囲の内容の学習を通して、コンピュータやネットワークに関する幅広い基礎知識を身に付けることであった。この講義は、公共職業訓練のIT初心者向けコースの一つとして開講されたものであり、目的はあらかじめ設定されていた。
     目的を講義のはじめに受講生に改めて伝えることも必要である。
    ・受け手についての情報を収集する
     一般に情報伝達の効果は、送り手と受け手の知識と関心の共有部分が大きいときに高まるので、受け手についての情報が必要だ。そしてその情報をもとに、用語の選択や資料の加工の仕方を検討する。
     シスアド講義の受講生は30人で、応募書類を見ると、大半がパソコン初心者であることがわかった。そのため、教科書で常識的に使われている用語の説明が必要だと考えた。パソコンの構造など、目に見えないものをイメージしやすいように視覚化することなどを計画した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「第三者に効果的なプレゼンテーションをおこなう場合のキーポイントを、自身の実例に即して述べよ。」
     以前私が専門学校の講師として担当していた初級システムアドミニストレータ(以下「シスアド」)講義を振り返って、プレゼンテーションのキーポイントを整理した。
     以下に、計画、準備、発表の段階ごとにまとめる。
    1.計画におけるキーポイント
    ・目的を明確にする
     効果的な発表の内容、手法、資料などを決めていくためには、目的を明らかにしておくことが欠かせない。
     シスアド講義の目的は、シスアド資格試験範囲の内容の学習を通して、コンピュータやネットワークに関する幅広い基礎知識を身に付けることであった。この講義は、公共職業訓練のIT初心者向けコースの一つとして開講されたものであり、目的はあらかじめ設定されていた。
     目的を講義のはじめに受講生に改めて伝えることも必要である。
    ・受け手についての情報を収集する
     一般に情報伝達の効果は、送り手と受け手の知識と関心の共有部分が大きいときに高まるので、受け手についての情報が必要だ。そしてその情報をもとに、用語の選択や資料の加工の仕方を検討する。
     シスアド講..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。