情報ネットワーク化の進展によって、情報サービス産業の立地や構成はどのようなものになるか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数474
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「情報ネットワーク化の進展によって、情報サービス産業の立地や構成はどのようなものになるか述べよ。」
     「その土地に高付加価値を実現する労働力があるか否か」、これのみが、情報ネットワーク進展の結果として求められる、情報サービス産業の立地条件であると考えた。
     本設題について学習するにあたり、まず、情報サービス産業の業務内容の変遷を振り返った。次に、「土地」「資本」「労働力」という生産要素がどう変化したかを考察したところ、上述の立地条件の結論に至った。最後に、情報サービス産業において、近年インドの躍進が目覚しいが、そのような状況の中で日本も発展していくための課題を、産業構造のあり方を考察した。
    1.情報サービス産業の業務内容の変遷
     情報サービス産業は、企業の情報化の対象の変化とともに発展した。企業の情報化の対象は、社内業務の効率化から、社外(顧客・他の会社)との取引までをも含むビジネスモデルを体現するようなシステム構築へと範囲を拡大した。情報化の目的もコスト削減から付加価値創出へと変化した。
     情報サービス産業の業務内容は、1950年代後半から70年代後半、

    (中略)

    2.生産要素「土地」「資本」「労働力」の変化
    2-1.「土地」
     情報ネットワーク化の進展により、「土地」は‘どこでもよく’なった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「情報ネットワーク化の進展によって、情報サービス産業の立地や構成はどのようなものになるか述べよ。」
     「その土地に高付加価値を実現する労働力があるか否か」、これのみが、情報ネットワーク進展の結果として求められる、情報サービス産業の立地条件であると考えた。
     本設題について学習するにあたり、まず、情報サービス産業の業務内容の変遷を振り返った。次に、「土地」「資本」「労働力」という生産要素がどう変化したかを考察したところ、上述の立地条件の結論に至った。最後に、情報サービス産業において、近年インドの躍進が目覚しいが、そのような状況の中で日本も発展していくための課題を、産業構造のあり方を考察した。
    1.情報サービス産業の業務内容の変遷
     情報サービス産業は、企業の情報化の対象の変化とともに発展した。企業の情報化の対象は、社内業務の効率化から、社外(顧客・他の会社)との取引までをも含むビジネスモデルを体現するようなシステム構築へと範囲を拡大した。情報化の目的もコスト削減から付加価値創出へと変化した。
     情報サービス産業の業務内容は、1950年代後半から70年代後半、計算センターでの受託計算業務が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。