教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,879
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめなさい。」
     教育課程の概念は一般に、「学校において編成する教育課程とは、学校教育の目的や目標を達成するために、教育内容を生徒の心身の発達に応じ、授業時間数との関連において総合的に組織した学校の教育計画である」と解されている。
     教育課程を編成する際の基準となるのが、学習指導要領である。学習指導要領は、学校教育にかかわる基本的事項、実際に教えられる内容を規定するもので、文部科学大臣が告示する。
     以下に、学習指導要領の変遷をまとめる。年度は制定・告示された年度である。
    ①昭和22年 「学習指導要領 一般編(試案)」
     戦後、教育の民主化が求められていた。画一的教育から生徒の自発性を重視する教育への転換がはかられる背景のもと、はじめて学習指導要領が制定された。
     あくまで手引き書という立場であり、各学校での裁量権が大きかった。小学校において、戦前からの修身・地理・歴史(軍国主義的教育)が廃止され、社会科が新設された。その目的は、民主主義的な社会形成のための良識や性格を一人ひとりが身に付けることである。また、小学校において家庭科が新設され、男女共修となった。
    小・中学校において、自由研究が新設された。
    ②昭和26年 学習指導要領改訂
     生徒の自発性を重視する路線が踏襲され、当時、欧米で行われていた「経験主義」(見る・聞く・話すが中心、生徒の自主性重視)を導入した。
     この改定以降、「教育課程」という語が用いられるようになった。「教育課程」とは、「教科や教科外の活動内容や種類を学年的に配当づけたもの」とされ、昭和22年に教科のみで編成するものとして記されていた「教科課程」よりも広い概念とされた。
     小学校においては、各教科に一律の授業時間数を定めず、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめなさい。」
     教育課程の概念は一般に、「学校において編成する教育課程とは、学校教育の目的や目標を達成するために、教育内容を生徒の心身の発達に応じ、授業時間数との関連において総合的に組織した学校の教育計画である」と解されている。
     教育課程を編成する際の基準となるのが、学習指導要領である。学習指導要領は、学校教育にかかわる基本的事項、実際に教えられる内容を規定するもので、文部科学大臣が告示する。
     以下に、学習指導要領の変遷をまとめる。年度は制定・告示された年度である。
    ①昭和22年 「学習指導要領 一般編(試案)」
     戦後、教育の民主化が求められていた。画一的教育から生徒の自発性を重視する教育への転換がはかられる背景のもと、はじめて学習指導要領が制定された。
     あくまで手引き書という立場であり、各学校での裁量権が大きかった。小学校において、戦前からの修身・地理・歴史(軍国主義的教育)が廃止され、社会科が新設された。その目的は、民主主義的な社会形成のための良識や性格を一人ひとりが身に付けることである。また、小学校にお..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。