現代の『教師に求められる資質とは何か』についてまとめなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,934
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「現代の『教師に求められる資質とは何か』についてまとめなさい。」
     教育職員養成審議会は、1997年、第1次答申「新たな時代に向けた教員養成の改善方策について」を発表した。その中で、今後の教員に求められる資質能力が述べられている。それをもとに、資質能力を大きくまとめてみると、まず根底に「子どもを愛する気持ち」があること、「教育諸学の深い知識」があること、そして教員自身にも「生きる力」があること、この3つになると考えた。
     3つの中に、「生きる力」を挙げたが、これは、1996年から掲げられた教育のスローガンである。変化の激しい現代社会においては、子どもたちに「生きる力」をはぐくむことが必要だとされている。「生きる力」をはぐくむ教育を施す教員にも、まさに同じ「生きる力」が必要だと考えられる。
     さて、以下に「新たな時代に向けた教員養成の改善方策について」の中で述べられた教員に求められる資質能力をまとめ、考察を加えていく。
    (1)いつの時代も教員に求められる資質能力
     「専門的職業である『教職』に対する愛着、誇り、一体感に支えられた知識、技能の総体」がいつの時代も一般的に求められる資質能力である。
     これは、「『素質』とは区別され後天的に形成可能なものと解される」が、この大前提として、「素質」として教員にあるべき性質があるだろう。それは、「子どもを愛する気持ち」があるかどうかということである。子どもへの愛情があるからこそ、子どもの成長を手助けしたいと思う。そう思うからこそ、教育のための知識・技能を真剣に深く修得する。また逆に、いくら知識・技能があっても、子どもへの愛情がなければ効果はないだろうし、それ以前に教職を続けられないだろう。
    (2)今後特に教員に求められる具体的資質能力
     「子どもたちに[生きる力]を育む教育を授けることが期待される」ということをもとに、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「現代の『教師に求められる資質とは何か』についてまとめなさい。」
     教育職員養成審議会は、1997年、第1次答申「新たな時代に向けた教員養成の改善方策について」を発表した。その中で、今後の教員に求められる資質能力が述べられている。それをもとに、資質能力を大きくまとめてみると、まず根底に「子どもを愛する気持ち」があること、「教育諸学の深い知識」があること、そして教員自身にも「生きる力」があること、この3つになると考えた。
     3つの中に、「生きる力」を挙げたが、これは、1996年から掲げられた教育のスローガンである。変化の激しい現代社会においては、子どもたちに「生きる力」をはぐくむことが必要だとされている。「生きる力」をはぐくむ教育を施す教員にも、まさに同じ「生きる力」が必要だと考えられる。
     さて、以下に「新たな時代に向けた教員養成の改善方策について」の中で述べられた教員に求められる資質能力をまとめ、考察を加えていく。
    (1)いつの時代も教員に求められる資質能力
     「専門的職業である『教職』に対する愛着、誇り、一体感に支えられた知識、技能の総体」がいつの時代も一般的に求められる資質能力で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。