学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,019
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。」
     高学歴化は、学習期間が長くなり高度な学習をすることを意味するので、その結果、学力が上がると基本的には考えられる。しかし、我が国は高学歴社会であるが、学力低下が盛んに言われる現状である。そこには、現行の教育制度に問題があるようだ。
     はじめに、学歴社会についてまとめる。学歴社会とは、「社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する。
     歴史的に見ると、有能な人材を大量に欲していた明治初期において、学校は、人材登用機関としての役割を果たしていた。良い学校を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。