教育の方法と技術についてどのような研究能力を習得しておくことが必要か

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数411
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学校教育は、現在、転換の時期に当面しているが、教育の今後の展開を予測するときにどのような視点から考えておくのがいいだろうか。その論拠を示しながら、教育の方法と技術についてどのような研究能力を習得しておくことが必要か。」
     1984年頃から「生きる力」「個性」がスローガンの教育改革が行われてきた。これらに対し、その成果が出ていない、学力低下、いじめ等の問題未解決などの側面から、問題視する見解もあるが、これらは今後の教育の方針として基本的には間違っていないと思う。
     現代は高度情報社会であり、科学技術の進展も大きく、生活、職業・・・あらゆることにおいて変化の激しい社会である。今後もそれはますます..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。