ペスタロッチーの教育学(直観の原理)について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,062
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。」
    ペスタロッチー(1746-1827、スイス)が生きた頃のスイスは、封建的な政治・経済・教育制度の下にあり、下層の庶民の生活は極度に貧しいものであった。彼はこうした貧しい生活を強いられている人々に、新しい生活知識・技術を授けようとして教育改革に乗り出し、幾度か学校や孤児院を開いて教育実践に従事した。その中で、いかにして中世以来の画一的でつめこみ主義の教育法を改革するか、人間の教授の本質は何かを探り、新しい教育原理を確立した。
    まず、彼の教育の基本的な原理を見ておきたい。ペスタロッチーは、子どもには将来発展する素質が備わっており、それ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。