TCP/IPを採用したLANの利点・不利点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,647
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「TCP/IPプロトコル群を採用したLANの利点・不利点を理由を含めて詳しく説明せよ。」
    ①LANを構築する利点・不利点
     LANを構築する利点のひとつは、ファイルを共有できるということだ。「ピア・ツー・ピア方式」の場合は、どのPCにあるファイルでも、共有設定をしておけば相互利用が可能である。「クライアント/サーバ方式」の場合は、ファイルサーバを設置し、各クライアントはそこにアクセスしてファイルを利用することになる。
     次に、周辺機器の共有ができるのも大きな利点である。例えば、プリンタの共有である。1台のプリンタで複数のPCから印刷を行うことができる。
     PC間のデータ転送速度に関しては、例えば100BASE-Tという規格を採用すれば、理論値では100Mbpsという高速な通信が可能である。
     その他のLANの利点として、ネットワーク内のPCの把握・管理が容易なことがあげられる。トラブルがあったときには、原因を突き止め、対処しやすい。LANには、決められたPC以外は接続できないので、社外秘データもやりとりすることが可能になる。また、ファイルごとにアクセス権を設定することもできるので、ユーザの利用環境の整備ができる。
     LANを構築する不利点としては、LAN内の1台のPCがウイルスに感染すると、他のPCにも感染してしまう危険がある。各PCにセキュリティソフトを導入しておいたほうがよい。
     また、クライアントのIDとパスワードが盗用された場合は、LANへの不正侵入の危険性がある。ユーザの教育・管理の徹底が必要であろう。
    ②プロトコルにTCP/IPを採用する利点・不利点
     インターネットはTCP/IPプロトコル群を採用したネットワークであるので、TCP/IPに対応した機器(PC、ゲーム機、電話機、PDAなど)なら、インターネット接続が可能である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「TCP/IPプロトコル群を採用したLANの利点・不利点を理由を含めて詳しく説明せよ。」
    ①LANを構築する利点・不利点
     LANを構築する利点のひとつは、ファイルを共有できるということだ。「ピア・ツー・ピア方式」の場合は、どのPCにあるファイルでも、共有設定をしておけば相互利用が可能である。「クライアント/サーバ方式」の場合は、ファイルサーバを設置し、各クライアントはそこにアクセスしてファイルを利用することになる。
     次に、周辺機器の共有ができるのも大きな利点である。例えば、プリンタの共有である。1台のプリンタで複数のPCから印刷を行うことができる。
     PC間のデータ転送速度に関しては、例えば100BASE-Tという規格を採用すれば、理論値では100Mbpsという高速な通信が可能である。
     その他のLANの利点として、ネットワーク内のPCの把握・管理が容易なことがあげられる。トラブルがあったときには、原因を突き止め、対処しやすい。LANには、決められたPC以外は接続できないので、社外秘データもやりとりすることが可能になる。また、ファイルごとにアクセス権を設定することもできるので、ユー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。