表現の自由について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数815
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「表現の自由について」
     テレビその他メディアを政府が監視し、悪い内容に指導や処分を下す体制は、表現の自由を守るために、良い体制と言えるのだろうか。
     憲法21条で保障されている「一切の表現の自由」、その価値のひとつは、言論活動によって国民が政治的意思決定に関与できるということである。表現の自由がなくては民主主義が成り立たない。
     表現の自由は、憲法で強く保障されているが、無制約ではない。名誉毀損の表現をしてはならない(刑法)、プライバシーを侵害する表現をしてはならない、などは一般常識にもなっている規制である。
     表現の自由を規制する法律は、簡単にはつくられないようになっている。裁判所が違憲審..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。