工学的標本化の身近な例

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数841
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    標本化とは、飛び飛びの時間間隔で信号を観測することを意味する。
    目に見える標本化は、一定の動きをしているものを、飛び飛びに視ることによって観測できる。例えば下記の2つがある。
    また、エイリアシングというのは、サンプリング周波数をfsとしたとき,入力信号の周波数(fin)がナイキスト周波数より大きいと,その信号周波数が|fs−fin|として標本化されてしまうことである。正しくサンプリングするためには、fs≧2*finでなければならない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題:目に見えるもので、工学的な標本化が生じている例を調べなさい。
    標本化とは、飛び飛びの時間間隔で信号を観測することを意味する。
    目に見える標本化は、一定の動きをしているものを、飛び飛びに視ることによって観測できる。例えば下記の2つがある。
    また、エイリアシングというのは、サンプリング周波数をfsとしたとき,入力信号の周波数(fin)がナイキスト周波数より大きいと,その信号周波数が|fs-fin|として標本化されてしまうことである。正しくサンプリングするためには、fs≧2*finでなければならない。
    西部劇の馬車の車輪
    映画のフィルムは24コマ/秒で動くので、この場合のサンプリング周波数は、..

    コメント1件

    saehoku 購入
    素晴らしい!
    2006/09/27 12:47 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。