事例からの看護アセスメント・分析・関連図の作成

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数11,412
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    事例からの看護アセスメント・分析・関連図の作成
    【事例】
     20歳代男性。下腿の骨折で手術を受け、入院7日目である。松葉杖を使用し、病院内のみ歩行可である。食事は常に全量摂取し、「まだ足りない」と言っている。排泄はトイレにて自立しており、”排尿は5~6回/日、排便は普通便が1回/日みられている。下肢を挙上して、濡らさないように注意した上でのシャワー浴が許可されている。
     夕食を摂取した後、病院近くの定食屋さんへ無断で行き、冷やし中華とカツ丼を食べた。その後下肢の疼痛があったのですぐに病室へ戻り、ベットで休んでいた。30分後、下腹部痛が出現し、トイレにて水様便を多量に排泄する。排便はその1回のみ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。