法の下の平等について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数5,072
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    法の下の平等について
     「法の下の平等」は、日本国憲法第14条において、「すべての国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」と規定されており、平等原則とも呼ばれ、差別からの自由をうたっている。また、憲法全体を貫く「個人の尊厳」に基づくものであり、そして法の下の平等は、「個人の尊厳」という目的を達成するための手段とも言うことができる。そして、法の下の平等とは、国民1人1人が国家との法的権利・義務の関係において等しく扱われなければならないという憲法上の原則のことである。よって、人は生まれによって差別する封建的な身分制度を否定し、「個人の尊厳」を最も重要なものと考え、「民主主義」を基礎とした平等思想を具体化したものである。その内容は、「国民はすべての人を平等に扱わなければいけない」ということである。すべての人は平等であり、差別をすることもされることもいけない、という考え方は誰もが認める真理の1つである。そもそも「平等思想」は、古くは古代ギリシアの哲学者アリストテレスが『正義論』において、「等しいものは等しく、異なるものは異なって扱え」という考え方を説いた。また、啓蒙思想家・宗教家において、領主と農奴という身分制度を否定し、「神の前の平等」を説かれてきた。しかし、これらの平等の考え方は法律、制度化されるまでには至らなかった。18世紀後半以降の近代社会の目的は、それまでの中世の封建的な身分制度を打破し自由な社会をつくることであった。1776年に「ヴァージニア権利章典」を皮切りに、同年の「アメリカ独立宣言」、1789年の「フランス宣言」において、「生まれ」による差別を禁止することをうたっている。そういった動きのなかから、『「生まれ」による差別を禁止し、国家が取り扱うべきである』という考え方が浸透してきた。今日、平等という考え方には2種類ある。まず、一つ目は形式的平等である。この考えは、すべての個人を一律に同じように扱うということである。例えば、投票の価値の平等は最もこの考えが貫かれるべきものである。投票の価値とは、選挙が行われた場合、各選挙区にて選挙権を持つ者の数も違います。ゆえに、一票の価値が各選挙区に異なってくる。つまり、各投票が選挙の結果に対してもつ影響力の平等が違い、投票価値の平等の問題であるが、投票価値の平等は憲法上保障されているということで、法の下の平等の当然の要請である。この事柄が、形式的平等である。二つ目は、実質的平等である。各人が持っているそれぞれの価値を等しく尊重し、その違いに基づく不平等を調整しようというものである。例えば、労働基準法に基づく母体保護規定がある。言い換えると形式的に扱うと不平等が生じるものに対して相互調整し、実質的な平等を実現しようというものであるが、実質的平等とは言っても一生懸命頑張った人とそうでもない人が同じような評価(結果の平等)では不合理である。ここでいう実質的平等とは、「機会の平等」の保障である。これは、違いのあるものを同じスタートライン(機会の平等)に立たせるということである。だからといってゴール(結果の平等)までは保障しないということである。つまり、すべての人を同じ条件下で機会を受けられることを保障しているのであって、「結果の平等」が求められているとは考えていなかった。この二つの考え方をあわせもったものが、法の下の平等である。よって、法の下の平等とは、上記したように同じものは同じように平等に扱い(形式的平等)、違いのあるもの

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法の下の平等について
     「法の下の平等」は、日本国憲法第14条において、「すべての国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」と規定されており、平等原則とも呼ばれ、差別からの自由をうたっている。また、憲法全体を貫く「個人の尊厳」に基づくものであり、そして法の下の平等は、「個人の尊厳」という目的を達成するための手段とも言うことができる。そして、法の下の平等とは、国民1人1人が国家との法的権利・義務の関係において等しく扱われなければならないという憲法上の原則のことである。よって、人は生まれによって差別する封建的な身分制度を否定し、「個人の尊厳」を最も重要なものと考え、「民主主義」を基礎とした平等思想を具体化したものである。その内容は、「国民はすべての人を平等に扱わなければいけない」ということである。すべての人は平等であり、差別をすることもされることもいけない、という考え方は誰もが認める真理の1つである。そもそも「平等思想」は、古くは古代ギリシアの哲学者アリストテレスが『正義論』において、「等しいものは等しく、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。