第2回 精神障害者の生活支援システム

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,309
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    精神障がい居住支援脱施設化精神障害者精神科病院長期入院サポート体調の変動病状悪化家族関係感情表出高EE再発リスク専門職公営住宅低家賃経済的負担優遇措置所得審査抽選単身者向け都市再生機構賃貸住宅一般住宅礼金手数料更新料保証人所得条件偏在一般賃貸住宅物件数偏見無理解グループホームケアホーム病気障害個別支援計画相互作用入居者間交流も地域偏在退院退院支援地域移行アクシデントトラブル不動産業者生活マナ相談支援事業相談支援事業所保証人代行制度家賃債務保証制度滞納家賃原状回復費用訴訟対象費用補償民間地方自治体NPO居住サポート事業賃貸契約相談支援就労日中活動生活保護制度年金制度所得補償制度医療制度生活全体地域生活買い物調理掃除な家事一人暮らし家事援助ホームヘルパーリハビリ精神保健福祉士ケアマネジメント訪問看護師訪問看護生活技能リハビリ効果家族調整増悪防止増悪ニーズ民生委員社協保健師多機関多職種連携社会復帰厚生労働省精神障害者の生活支援システム精神保健福祉士養成講座7中央法規国立精神・神経センター精神保健研究所国立精神・神経センター精神保健研究所

    代表キーワード

    精神保健福祉士

    資料紹介

    課題名は『精神に障がいがある人の居住支援についてまとめなさい。』です。
    精神保健福祉士短期養成過程のレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『精神に障がいがある人の居住支援についてまとめなさい。』
     我が国における制度としての居住支援は、脱施設課の面で大きく立ち遅れてきた。多くの精神障害者は精神科病院での長期入院を余儀なくされてきた。
     まず、現在の精神障害者の居住の場の種類と特徴について述べる。
    現在でも約77%と、その大半は家族との自宅での同居が占める。家族から生活・経済面でのサポートを受けられ、体調の変動や病状悪化にすぐに気が付いてもらえたり、対応してもらえるといった面でも、メリットは大きい。一方、家族関係が悪化したままであったり、家族の感情表出が高かったりする場合に、再発のリスクを高める恐れがある。
    家族との同居に次ぎ、約18%は一人暮らしをしている。大まかには、家族と同居と逆の長所短所があるが、家族から得られないサポートについては、各種サービスや専門職などの支援でかなりの部分を補うことができる。
    一人暮らしの場合の具体的な住居の種類としては、以下のものがある。
    公営住宅は、低家賃で入居後の経済的負担も最少で、障害者優遇措置などを受けられる場合がある。一方、数は限られ、所得などの審査や抽選があり、単身者向けが少ない..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。