第三者評価事業について、その内容と意義及び課題についてまとめなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数993
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第三者評価事業について、その内容と意義及び課題についてまとめなさい。
     今後、福祉サービスの質の向上をるうえで、第三者評価事業が非常に有効かつ重要と考え、本課題に取り組むこととした。
     社会福祉法第78第1項は、社会福祉事業の経営者に、サービスの自己評価を行うことその他措置を講ずることにより、常に利用者の立場に立って良質かつ適切なサービスを提供するよう努めることを定めている。
     この中で、社会福祉事業の経営者が第三者評価事業によるサービス評価を受けることは「福祉サービスの質の向上のための措置」の一環と位置付けられ、第三者評価事業の目的は、その「措置」の援助であると解される。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第三者評価事業について、その内容と意義及び課題についてまとめなさい。
     今後、福祉サービスの質の向上を図るうえで、第三者評価事業が非常に有効かつ重要と考え、本課題に取り組むこととした。
     社会福祉法第78条第1項は、社会福祉事業の経営者に、サービスの自己評価を行うことその他措置を講ずることにより、常に利用者の立場に立って良質かつ適切なサービスを提供するよう努めることを定めている。
     この中で、社会福祉事業の経営者が第三者評価事業によるサービス評価を受けることは「福祉サービスの質の向上のための措置」の一環と位置付けられ、第三者評価事業の目的は、その「措置」の援助であると解される。
     具体的な目的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。