社会福祉調査法の類型と特徴について具体的に述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,203
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉調査法の類型と特徴について具体的に述べなさい。
     日常業務として各種調査報告を提出する機会が多く、自ら調査を行う機会も今後必ず現れることから、本課題を選した。
    第1に、集するデータの性質と現地調査の方法による分類である。
    1.統計調査
    信頼性の高いデータが得られ、データの一般化や普遍化が容易である。社会事象の科学的客観的把握に優れ、広く普及しているが、総合的把握、個別的・質的側面が捨象される、変化の過程や動的把握が困難である。
    また、統計調査は標本抽出の有無により悉皆調査と部分調査に分類できる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉調査法の類型と特徴について具体的に述べなさい。
     日常業務として各種調査報告を提出する機会が多く、自ら調査を行う機会も今後必ず現れることから、本課題を選択した。
    第1に、収集するデータの性質と現地調査の方法による分類である。
    1.統計調査
    信頼性の高いデータが得られ、データの一般化や普遍化が容易である。社会事象の科学的・客観的把握に優れ、広く普及しているが、総合的把握、個別的・質的側面が捨象される、変化の過程や動的把握が困難である。
    また、統計調査は標本抽出の有無により悉皆調査と部分調査に区分できる。
    (1)悉皆調査(全数調査)
    対象者全員を調査するもの。母集団についての正確で信頼性の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。