在宅における認知症(痴呆性)高者の介護を行う場合の留意点について述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,950
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    在宅における認知症(痴呆性)高者の介護を行う場合の留意点について述べなさい。
    高齢者介護問題を考える上で、特に介護に困難さを伴うことが多い認知症高齢者の介護の理解することにより、全体の理解を試みるべく本課題を選択した。
    小池によれば「後天的な脳の障害によって正常に発達した知能が持続的に低下した状態であり、先天性あるいは発育期に知能障害が生じる精神発達遅滞と区別される」と定義されている。その原因は脳内疾患や身体疾患等数多いが、代表的なのは、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症であり、それぞれの特性と対応法の理解は非常に重要である。また認知症の症状には、記憶障害と認知機能障害からなる中核症状と認知症に随伴する周辺症状(行動障害)があり、特に後者の症状が介護を困難にすることが多い。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    在宅における認知症(痴呆性)高齢者の介護を行う場合の留意点について述べなさい。
    高齢者介護問題を考える上で、特に介護に困難さを伴うことが多い認知症高齢者の介護の理解することにより、全体の理解を試みるべく本課題を選択した。
    小池によれば「後天的な脳の障害によって正常に発達した知能が持続的に低下した状態であり、先天性あるいは発育期に知能障害が生じる精神発達遅滞と区別される」と定義されている。その原因は脳内疾患や身体疾患等数多いが、代表的なのは、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症であり、それぞれの特性と対応法の理解は非常に重要である。また認知症の症状には、記憶障害と認知機能障害からなる中核症状と認知症に随伴する周辺症状(行動障害)があり、特に後者の症状が介護を困難にすることが多い。
    心理面の変化では、現在から過去に向かって逆行性の健忘が起こる。過去・現在・未来のつながりがない「点」の上で生活するようになるため、時系列的な理解や判断能力が低下し現実や変化への対応が困難となる。しかしその一方で、遠い昔の記憶は長期にわたり保持されている。彼らは周囲に理解し難い不安の中で過ごしているため、生活暦..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。