障害者と家族への相談援助活動

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,179
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現職務において相談援助活動の割合が多いが、経験を積んで「慣れてしまった」自分自身を見直す好機と捉え本課題を選択した。
     まず、本課題についての基本的考えを述べる。
    現職務において相談援助活動の割合が多いが、経験を積んで「慣れてしまった」自分自身を見直す好機と捉え本課題を選択した。
     まず、本課題についての基本的考えを述べる。
     相談援助活動を行う以前に、障害そのものと障害者や家族についての理解が必要であると考える。この際、全てのスタートは多くの文献を読む机上の学習にあると考えるが、それだけでは知識だけに偏ってしまう危険性がある。筆者の周囲にも数多くの障害者と家族が生活しているが、できるだけ多くそれらの人々と交わり、外から見るだけでなく、同じ目線に近づき、中から社会を見るという視点が必要である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害者と家族への相談援助活動にあたって、援助者として留意すべき諸点について述べなさい。
     現職務において相談援助活動の割合が多いが、経験を積んで「慣れてしまった」自分自身を見直す好機と捉え本課題を選択した。
     まず、本課題についての基本的考えを述べる。
     相談援助活動を行う以前に、障害そのものと障害者や家族についての理解が必要であると考える。この際、全てのスタートは多くの文献を読む机上の学習にあると考えるが、それだけでは知識だけに偏ってしまう危険性がある。筆者の周囲にも数多くの障害者と家族が生活しているが、できるだけ多くそれらの人々と交わり、外から見るだけでなく、同じ目線に近づき、中から社会を見るという視点が必要である。
    また、ノーマライゼーションの理念についての理解も必須である。障害者を障害のためにできないことがある人ではなく、できないことを支援すれば普通に生活できる人というように考えることを、こうして学習している時だけでなく、いかなる場面においても自然にそう思えるようになるまで繰り返し学ぶ必要がある。
     次に、具体的な点について、障害児とその家族の理解を中心に述べる。
     一つ目は、..

    コメント1件

    maruyoko2 購入
    参考にさせていただきます。
    2007/03/18 21:44 (9年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。