平成18年4月からの介護保険制度改正の内容とその課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,436
ダウンロード数86
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    本課題が、最近の高齢者福祉制度改正の中で最も重要なものの一つであり、現職務の生活保護業務とも関連が深いことから選択した。
    今回の制度改正では、法の目的を示す第1条で、これまでの自立支援の理念に加え、高齢者の尊厳の保持が明確化された。この理念の下に、大きく5つの点で改正がなされた。 まず、その変更内容について述べる。
    Ⅰ.介護予防システムへの転換
    軽度者を対象に新たな予防給付を創設し、介護給付対象以外の高齢者等が要介護状態に陥るのを防ぐため、従来、介護予防・地域支えあい事業にて実施されていた事業の一部を介護保険上の地域支援事業として位置付けた。
    Ⅱ.利用者負担の見直し(平成17年10月〜)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成18年4月からの介護保険制度改正の内容とその課題について述べなさい。
     本課題が、最近の高齢者福祉制度改正の中で最も重要なものの一つであり、現職務の生活保護業務とも関連が深いことから選択した。
     今回の制度改正では、法の目的を示す第1条で、これまでの自立支援の理念に加え、高齢者の尊厳の保持が明確化された。この理念の下に、大きく5つの点で改正がなされた。 まず、その変更内容について述べる。
    Ⅰ.介護予防システムへの転換
     軽度者を対象に新たな予防給付を創設し、介護給付対象以外の高齢者等が要介護状態に陥るのを防ぐため、従来、介護予防・地域支えあい事業にて実施されていた事業の一部を介護保険上の地域支援事業として位置付けた。
    Ⅱ.利用者負担の見直し(平成17年10月~)
     施設入所者と在宅生活者の不均衡是正のため、ショートステイを含む介護保険施設については居住費や食費が、通所系サービスについては食費が、それぞれ保険給付対象外とされた。また、4月から新たに開始された介護予防サービス、地域密着型サービスについても同様の負担が必要となる。また、これにより、低所得者の施設利用を妨げないよう、新たな..

    コメント9件

    torute 購入
    good
    2006/10/15 0:21 (10年1ヶ月前)

    yaichi1217 購入
    参考にさせて頂きます
    2006/11/04 21:00 (10年1ヶ月前)

    naitu23 購入
    よくまとめてあり、理解しやすかったです。
    ありがとうございました。
    2006/12/12 21:53 (10年前)

    clala619 購入
    ありがとうございました。
    2006/12/20 21:30 (10年前)

    kirari17 購入
    参考になりました!
    2007/01/15 2:23 (9年10ヶ月前)

    naochan1024 購入
    大変参考になりましたありがとうございました。
    2007/02/19 22:20 (9年9ヶ月前)

    pura48 購入
    参考になりました。
    2007/03/04 12:00 (9年9ヶ月前)

    junko2764 購入
    ありがとうございました
    2007/10/19 23:23 (9年1ヶ月前)

    junkjunk 購入
    参考になりました
    2007/11/07 0:47 (9年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。