教育心理『適応・不適応の心理的機制、またそれらから引き起こされる特徴的行動について説明せよ。』

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数894
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『適応・不適応の心理的機制、またそれらから引き起こされる特徴的行動について説明せよ。』
     「適応機制」とは、欲求充足を阻害する障壁や困難にぶつかったときに、それに対処する心的機能の基本となる機制、あるいは適応への努力のことである。「適応機制」は、自覚的・理性的であるか、妥当なものであるかと言う観点から、正常なものと異常なものに分類される。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『適応・不適応の心理的機制、またそれらから引き起こされる特徴的行動について説明せよ。』
     「適応機制」とは、欲求充足を阻害する障壁や困難にぶつかったときに、それに対処する心的機能の基本となる機制、あるいは適応への努力のことである。「適応機制」は、自覚的・理性的であるか、妥当なものであるかと言う観点から、正常なものと異常なものに分類される。
     また、欲求阻止による緊張や不均衡状態では、将来の破局が予期・予感され、予期不安または不安状態になる。人が不安状態に陥るときには、その自我構造は崩壊の危機にさらされることとなる。そこで「適応機制」は、破局や危機を防ぐという意味で、「防衛機制」とも呼ばれる。
     「防衛機制」とは、破局からの防衛、防衛の基にある不安から精神的なバランスが崩れ、そのバランスを保とうとすることである。しかし、明確な破局が予見できない場合、その防衛処置は、適応の困難を招くことがある。その意味で、「防衛機制」は、不適応の徴候とされている。
    これらの機制は、様々な環境や状況に対して、不安や緊張などの不快な感情を和らげ、自我の安定を保とうとする働きである。しかし、一方で、人はただ環境..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。