摂食障害について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数1,214
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート福祉学摂食障害心理過食福祉

    代表キーワード

    福祉学

    資料紹介

    1.テーマを選んだ理由
     このレポートを作成する以前は、摂食障害は、字の通り、食べることに何らかの障害があるということくらいしか分かりませんでした。有名なのは拒食症、過食症ですが、それも、具体的な内容はわからず、いったいどのような内容の障害なのか調べてみたくなりました。拒食症、過食症というのはわりと一般の人にもなじみがあり、だれにでもなりうる可能性があるような印象を受けます。そして、現代では摂食障害のほとんどはダイエットから陥ることが多いようです。
    この障害調べてようと思い参考文献を読んでみると、様々な心理的な原因にわかれていることを知りました。講義の中で聞いた摂食障害の症状、理由はほんの一部にしか過ぎないことに気づいた。そこでこのテーマについてもっと深く学びたいと思い、また、これから養護学校の教師になったとき、そういった子のためにも、またそれらの障害を持つ子を支援していくためにもこれらの経験を糧にしていきたいと思いこのテーマに決めました。
      以下私の調べた内容を、摂食障害とはなにか、準備因子、発症のきっかけ、まとめ、の順に考察していく。
    2.摂食障害とは
     一般に、食事を受け付けなくなり、極端に痩せるのが拒絶症、無茶食いを繰り返すのが過食症と理解されているが、いずれも「食事に関する行動の異常」がみられるものであり、両者を伴わせて「摂食障害」と呼ぶ。両者を医学的に言うと、前者を「?神経性食欲不振症」、後者を「?神経性大食症」と呼ぶ。これらの発症には、心の問題が大きく関与しているためこう呼ばれる。
     拒食症、過食症という言葉のイメージから、二つは異なる病気のように感じられるが、一見の症状は反対でも同じ原因で起こる病気である。拒食症と過食症は、病気のステージが違うだけで、一つの病気(摂食障害)の中の異なったステージで、拒食の段階が拒食症、過食の段階が過食症である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     1.  テーマを選んだ理由
     このレポートを作成する以前は、摂食障害は、字の通り、食べることに何らかの障害があるということくらいしか分かりませんでした。有名なのは拒食症、過食症ですが、それも、具体的な内容はわからず、いったいどのような内容の障害なのか調べてみたくなりました。拒食症、過食症というのはわりと一般の人にもなじみがあり、だれにでもなりうる可能性があるような印象を受けます。そして、現代では摂食障害のほとんどはダイエットから陥ることが多いようです。
    この障害調べてようと思い参考文献を読んでみると、様々な心理的な原因にわかれていることを知りました。講義の中で聞いた摂食障害の症状、理由はほんの一部にしか過ぎないことに気づいた。そこでこのテーマについてもっと深く学びたいと思い、また、これから養護学校の教師になったとき、そういった子のためにも、またそれらの障害を持つ子を支援していくためにもこれらの経験を糧にしていきたいと思いこのテーマに決めました。
      以下私の調べた内容を、摂食障害とはなにか、準備因子、発症のきっかけ、まとめ、の順に考察していく。
    2.  摂食障害とは
     一般に、食事を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。