「アメリカにおける医療制度の現状を説明するとともに、わが国の医療改革について述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数522
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「いつでも、どこでも、だれにでも」必要な医療を提供することは、行政の大きな目標の一つであり、医療サービスについても、国や各地方公共団体によって各種の施策が実施されているが、医師の確保、医療施設へのアクセス等、改善されるべき課題はまだ残されている。
    ところで、面積が日本の24.8倍であり、気候、地形等に大きな相違を有するアメリカ合衆国において、全国土に遍く医療サービスを供給することが、日本におけるより遥かに難しいことは想像に難くない。さらに、大統領選挙の最大の争点の一つとなっていた医療保険制度の抜本的改正についても、未だ国民の健康、医療の確保を国民全体が共同の負担で行うという共助の精神を確立するには至っておらず、この結果であると考えられるが、平均余命、乳児死亡率等医療統計の数字を見ても、現状では、日本の方が国民の健康水準は高いと言わざるを得ない。
    教育と医療の問題は、現在、アメリカの内政における最重要課題とされている。特に、国民医療費の増大は、雇用主の医療保険費負担の限界を越える状況となっており、加えて多数の無保険者の存在、高齢化の進展等も大きな問題である。
    アメリカは、いわゆる先進国で唯一国民皆保険制度が確立されていない国である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「アメリカにおける医療制度の現状を説明するとともに、わが国の医療改革について述べよ。」
     「いつでも、どこでも、だれにでも」必要な医療を提供することは、行政の大きな目標の一つであり、医療サービスについても、国や各地方公共団体によって各種の施策が実施されているが、医師の確保、医療施設へのアクセス等、改善されるべき課題はまだ残されている。  ところで、面積が日本の24.8倍であり、気候、地形等に大きな相違を有するアメリカ合衆国において、全国土に遍く医療サービスを供給することが、日本におけるより遥かに難しいことは想像に難くない。さらに、大統領選挙の最大の争点の一つとなっていた医療保険制度の抜本的改正についても、未だ国民の健康、医療の確保を国民全体が共同の負担で行うという共助の精神を確立するには至っておらず、この結果であると考えられるが、平均余命、乳児死亡率等医療統計の数字を見ても、現状では、日本の方が国民の健康水準は高いと言わざるを得ない。
     教育と医療の問題は、現在、アメリカの内政における最重要課題とされている。特に、国民医療費の増大は、雇用主の医療保険費負担の限界を越える状況となってお..

    コメント1件

    catanddog5 購入
    参考になりました
    2006/11/26 15:18 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。