現代人の生活とカウンセリングのあり方について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数649
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    現代人の生活

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「現代人の生活とカウンセリングのあり方について」
    21世紀に入り、日本の社会は混迷の度を深めている。過疎化、少子化、核家族化、情報化が進み、家族をはじめ、地域や人との関わりが希薄化している傾向にある。「コミュニケーション不足」という言葉まで生まれており、昔と比べ人びとは孤立しがちであり、気がねなく人に相談をすることができないこともあるようだ。そんな現代社会で私たちは、不安や緊張を抱え、心のバランスを失いがちである。家庭でも、学校でも、職場でも、心理的なサポート(カウンセリング等)を必要とする人々が増えてきている。 こうした時代背景をふまえて、カウンセリングの必要性が急速に高まっている。
    1家庭生活とカウンセリング
    カウンセリングを必要とする人はそれぞれ何か問題を抱えている。例えば、家庭生活であれば、家庭内暴力、虐待、夫婦間の不仲、親子間の不仲、兄弟間の不仲、アルコールや薬物などの依存症などである。これらは家族内の問題であって外からはわかりにくく、簡単に人に相談のできる内容ではない。
    家庭が十分に機能し、維持されていれば、家庭は成長する場として安全で健康な環境となる。しかし、家庭内に問..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。