生活習慣病について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数596
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「生活習慣病について述べよ」
     生活習慣病は、以前は加齢に関連した「成人病」と呼ばれていた。しかし、平成8年公衆衛生審議会を経て、発病の原因が日常生活のさまざまな部分にひそんでいることから、厚生省によって呼称が改められた。また、糖尿病や肥満症のような「生活習慣病」は子どもにも発症することや、発症と日常の生活習慣との間に高い相関性のあることがわかってきたためである。
     つまり、成人病が中高年になってから注意すべきというイメージがあったのに対して、生活習慣病は子どもも含めて一生にわたって健康的な生活を心がけ、病気になることを予防すべきものという意味が含まれている。
    生活習慣病とは、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する症候群」とされている。インスリン非依存性糖尿病(成人型糖尿病)、肥満、高脂血症(家族性を除く)、高尿酸血症、循環器疾患(先天性を除く)、大腸癌(家族性を除く)、高血圧症、肺扁平上皮癌、慢性気管支炎、肺気腫、アルコール性肝障害、歯周病、骨粗鬆症などが含まれる。
     長年生活していると、その暮らしぶりや生活習慣・家庭環境・社会環境などさまざま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。