青年の不登校について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数731
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ?問題の実態
    不登校は学校に登校しない全ての状態のことをいう。主に身体疾患や経済的理由を除いた心理的、情緒的、社会的な要因によって児童・生徒が学校に行けないという状態を示すものであり、以前は「学校恐怖症」「登校拒否」という風に言われてきた。
    不登校は大きく分けると5つのタイプに分けられる。まず、統合失調症やうつ病、神経症などといった精神障害の発病の結果、不登校になってしまうタイプがある。怠学の傾向がある生徒の一部は、学習意欲に乏しく、時折欠席したり、教師や親に言われて登校するが持続しない無気力型や、学校・家庭に適応できずに非行グループに入り、学校に来なくなる非行型の2種類に分けられる。また、積極的・意図的不登校の生徒もいる。そのような生徒は学校へいく意味を認めないで、自分の好きな方向を選んで学校を離脱する。他には転校や病気、その他の客観的要因が明らかにあり、それが解消すると共に登校するようになる生徒もいる。最も典型的な不登校のタイプは、以前は学校恐怖症といったものも含まれる、神経症的不登校である。神経症的不登校の中にも、優等生の息切れ型で親からの心理的独立の挫折、自己内の葛藤に起因するタイプと、社会的情緒に未成熟で、困難や失敗をさけて、安全な家庭内に逃避する甘やかされたタイプがある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    青年の不登校について
    問題の実態
    不登校は学校に登校しない全ての状態のことをいう。主に身体疾患や経済的理由を除いた心理的、情緒的、社会的な要因によって児童・生徒が学校に行けないという状態を示すものであり、以前は「学校恐怖症」「登校拒否」という風に言われてきた。
     不登校は大きく分けると5つのタイプに分けられる。まず、統合失調症やうつ病、神経症などといった精神障害の発病の結果、不登校になってしまうタイプがある。怠学の傾向がある生徒の一部は、学習意欲に乏しく、時折欠席したり、教師や親に言われて登校するが持続しない無気力型や、学校・家庭に適応できずに非行グループに入り、学校に来なくなる非行型の2種類に分けられる。また、積極的・意図的不登校の生徒もいる。そのような生徒は学校へいく意味を認めないで、自分の好きな方向を選んで学校を離脱する。他には転校や病気、その他の客観的要因が明らかにあり、それが解消すると共に登校するようになる生徒もいる。最も典型的な不登校のタイプは、以前は学校恐怖症といったものも含まれる、神経症的不登校である。神経症的不登校の中にも、優等生の息切れ型で親からの心理的独立の挫折、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。