心身障害の基礎

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数290
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.障害者を理解するには同立場になって徐々に理解していくことが大事である。一方で、障害者本人は、障害があっても何が出来なくても自分が好きだという感覚をもったほうがよい。これが障害受容なのである。また、社会のあり様というのは障害者の成長に重要なものであり、特に親との関係は最も重要なものとなってくる。社会との関係、つまり周りとの関係(他者との相互作用)が障害者にたいする影響は個々による対応によって変化していくのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心身障害の基礎
    障害者を理解するには同立場になって徐々に理解していくことが大事である。一方で、障害者本人は、障害があっても何が出来なくても自分が好きだという感覚をもったほうがよい。これが障害受容なのである。また、社会のあり様というのは障害者の成長に重要なものであり、特に親との関係は最も重要なものとなってくる。社会との関係、つまり周りとの関係(他者との相互作用)が障害者にたいする影響は個々による対応によって変化していくのである。大事なのは、相手を認め合うことで、それが出来たのならその時点で障害は関係なくなってしまうのである。
        感想;障害があっても何が出来なくても自分が好きだという感覚を得..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。