物理的および化学的生活環境因子と環境問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,927
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境日本アメリカ中国環境問題社会文化健康医療

    代表キーワード

    環境

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人間が健康を保持しながら生活していく上で、生活環境は極めて重要と言えるであろう。人間にとっての生活環境は、衣・食・住、家庭や地域、都市などの身近な社会生活環境から地球環境に至るまで幅広い。人間の生活に影響を与える環境因子には、物理的環境、化学的環境、生物的環境、社会的環境、文化的環境の5つが挙げられている。
    物理的環境因子は、空気、光、音、熱、放射線などをいい、ガスや蒸気、粉塵、溶剤、金属などを化学的環境因子、細菌やウイルス、寄生虫などを生物的環境因子、個人以外の人間、家庭、学校、産業、町村、都市などを社会的環境因子、そして、習慣、宗教などを文化的環境因子という。これらの環境因子が崩れると、人間は快適に生活を営むことができなくなり、健康被害などの弊害を生じる。
    2001年9月11日、約3000人の命が犠牲となったアメリカ同時多発テロ事件、世界中の人々を震撼させたあの事件から6年―事件後、日本のマスコミではほとんど報道されることはなかったが、倒壊したWTCから生還した人々や現場で人命救助に携わった警官や消防隊員、建設作業員の間で、肺腫瘍や白血病、脳腫瘍などを主体とした癌が集団発生したり、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。