ソフィストに対するソクラテスのメゾットと現在の学校教育について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,390
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソフィストとは、紀元前のギリシャ・アテネ市民に弁論術や処世術を教授することを職業としていた人々のことである。彼らは自分が賢者であるかのように振る舞い、裁判や議会で勝つための道理に合わない弁論や、間違った理屈を正当と思い込ませる誇示付けの論法など、自分が優位に立つための弁論術を若者に教え利益を得ていた。ソフィストにとっては何が真実であるか、そして、何が人間の人生や幸福にとって大事かは関係なかった。とにかく、博学を装い、相手を打ち負かし、自分の主張が正しいと信じ込ませることであった。ソフィストの哲学の出発点は、「知識があること」で、知識を求めることではなかった。
    一方、古代ギリシャを代表する偉大な哲学者の一人であるソクラテスは、ソフィストとは対照的に、人間の生き方について問い「ただ単に生きるのではなく、よりよく生きる」ことを目的にした。そして、理性の法則(ロゴス)に従った問答法によって普遍的・客観的な真理を求めたのであった。ソクラテスは、対話を通じて相手の持つ考え方に疑問を投げかける問答法によって哲学を展開し、また、「自分自身が無知であることを知っている人間は、自分自身が無知であることを知..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。