ドメスティックバイオレンス(DV)について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数822
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ドメスティックバイオレンス(DV)について
    家庭内で暴力を行う加害者については、男性から女性に対して行われることが多い。身体的、心理的、性的、経済的などの暴力を起こすことの根源に存在するものは、古き時代の家父長制に影響されていると考えられている。日本では第二次世界大戦以後に、男女平等の理念が打ち出され家父長制は否定されたが、女性は男性の従属物であり女性は男性に従わなければならないという、この考え方が完全に払拭されたわけではない。そのため、夫が妻をパートナーとして見ずに、自分のサポーター的役割を持った存在として無意識のうちに見てしまっていることがDV発生の原因となっている可能性がある。また、自分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。