循環型社会の形成

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数544
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    循環型社会の形成
     現在、日本の環境問題の一つとしてゴミの処理に関する問題が深刻になっている。廃棄物の年間発生量は、一般廃棄物が約5000万t、産業廃棄物が約4億tにまで昇り、これにより処理コストは増大し最終処分場は不足している。さらに中には適正処理されていない廃棄物も存在し環境汚染の進行が危惧されている。これらの問題は身近な社会問題として幅広く注目され、2000年6月には「循環型社会基本法」が制定された。この法律は、地球天然資源の消費を抑制し、環境への負荷が出来る限り低減される社会を目指すことを目的とし、それを実現させていくために国、地方公共団体、事業者及び国民の責務が重要だと提示している。これまでの大量生産、大量消費、大量廃棄、という高度経済成長以後の使い捨ての経済社会システムを省みて、循環型社会に転換させようというわけである。この法律を基盤として各種リサイクル法制度の整備がなされ、循環型社会の構築を目指すための取り組みが急速に展開されている。
    そもそもこのような法律を作り政策を採らなければならないのは、元を辿れば人間の責任である。それは遥か昔、原始の時代から引き続いていることだが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。