生産と消費の分離と消費者と4つの基本的権利

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,030
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生産と消費の分離と消費者と4つの基本的権利
    生産と消費の分離が始まったのは、18世紀後半~19世紀初頭においてイギリスで行われた生産過程の機械化によって市場経済が確立する産業革命以後のことであった。産業革命は、ジョン・ケイの綿工業に用いられる作業機である「飛杼」の発明から始まった。また動力機として使われた蒸気機関の開発が進行した。蒸気機関は当初、炭鉱での地下水の排水のために開発され、のちに綿工業や、モノや人を運ぶための輸送役として利用されていくようになった。産業革命が起きる以前の生産と消費が一致していた自給自足の生活は、これらの開発によって一転して、機械を利用した生活に覆っていった。また、人々..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。