聴覚障害者の文化について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数418
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    聴覚障害者の文化について
     最近では、聴覚障害者への関心が急速に高まっているように感じる。これらの人々は音声情報を制約されている存在であるために、電車やバスなどには次の停車駅を電光表示する機械など、視覚でカバー出来る様なものが幅広く設置されてきた。聴覚に障害を持つ人にとっての最も大きな困難は、音声による情報のやりとりが出来ないことである。例えば、駅や車内のアナウンス、自動車のクラクションなど、音が把握できないのは大きな不便や危険を伴うこともある。また、聴覚に障害を持つ人の中には、言葉をうまく喋れない人もいる。そのことによって、意思の疎通にも困難が生じる場合もある。聴者と比較して日常生活を振り返ってみると、音声情報というのが実はかなり重要な比重を占めているのがわかる。買い物をするとき、道を誰かに尋ねるとき、テレビやラジオを始めとするメディアの視聴、など数え切れないくらいに聴覚を無意識的に利用している。ということになれば、聴者が音声でやりとりしている情報をどのようにして聴覚に障害を持つ人と分かち合うかということが課題となるのではないか。
     聴覚に障害を持つ人の一般的な「言語」として「手話」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。