組織マネジメントにおけるコーチング

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数444
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    組織マネジメントにおけるコーチングの意義と効果
    組織のマネジメントは大きく二つの部分に分解できる.一つは組織の構造のマネジメントであり,もう一つは組織内部のヒトに対するマネジメントである.
    構造のマネジメントは,組織設計やシステムなどのハード面のマネジメントである.どのような構造がもっとも効率的でかつ効果的な機能を果たし,ミスの少ないより安定的な事業活動を実施するためのマネジメントであり,具体的には,地位,仕事内容,ユニットの単位,意思決定ラインなどのさまざまなルール化が指摘できる.
    それに対して,ソフト面のヒトに関するマネジメントは,どのように事業活動を実施するヒトが,働きやすく,能動的に働くことができるようにできるかをマネジメントすることを指す.
    ハード面が組織のトップが主に担う役割であるのに対し,ソフト面はトップに加え,ミドル,状況によってはロワーまでもが必要とするマネジメントである.そして,そのソフト面のマネジメントにおいて効果が期待されるのがコーチングである.
    コーチングには,①双方向のコミュニケーションであること,②継続的にコミュニケーションを交わすこと,③相手にあったコミ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。