マーケティング戦略論

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数651
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題:「マーケティング戦略論特論」のまとめ
    既存のマーケティング論が分断された形で論じられているのに対し、実際に現場で活用する場合にはそれらが、1つのシステムとして提示される必要がある。
     本論においてはマーケティングの市場志向性、事業環境志向性を強調し、競争分析を通じ収益確保へのプロセスを示すという形で議論が進められ、それらを可能にするために定量的であり、かつ、操作性を持つシステムとしてマーケティング・マネジメントを位置づけている。以下では今回学んだことについて簡単にではあるがその概要をまとめることとする。
     まずマーケティング・マネジメントにおける重要な論点としては、その枠組みを構成する要素がそれぞれ独立しているのではなく、必ず他の構成要素との相互関係を有しており、全体として一つのシステムを構成する構造となっているという点である。そこでは市場や事業環境が求めるものを行うという基本姿勢(市場志向・事業環境志向)、競争組織体よりも優れたサービス提供を行い競争に勝つこと(競争優位性確保)、事業継続のために収益を上げる(収益性確保)、という前提を持つことになる。
     マーケティング・マネジメ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。