公共図書館と学校図書館の違いを「図書選定」の観点から述べて下さい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数816
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    図書館にはさまざまな館種がある。しかしどの図書館も、設置母体がそれぞれの目的を実現するために設けられている。研究のために設けられている専門図書館、地域住民のための公共図書館、そして児童・生徒および教職員のための学校図書館などが挙げられる。学校図書館は、学校教育の目的を実現するために設置されており、その設置目的を実現するためにふさわしい図書選定をし、活動していく必要がある。
    公共図書館は、住民の教養・文化の役立つメディアを提供すること、住民が必要とする情報を経済的でかつ正確に提供することが求められる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「公共図書館と学校図書館の違いを「図書選定」の観点から述べてください。」
     図書館にはさまざまな館種がある。しかしどの図書館も、設置母体がそれぞれの目的を実現するために設けられている。研究のために設けられている専門図書館、地域住民のための公共図書館、そして児童・生徒および教職員のための学校図書館などが挙げられる。学校図書館は、学校教育の目的を実現するために設置されており、その設置目的を実現するためにふさわしい図書選定をし、活動していく必要がある。
     公共図書館は、住民の教養・文化の役立つメディアを提供すること、住民が必要とする情報を経済的でかつ正確に提供することが求められる。一方、学校図書館は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。