職場における精神保健活動の実際について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数783
ダウンロード数40
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.精神保健活動とは
    現代社会において、人々は多くのストレスを抱えている。何につけてもやる気がしない、興味がもてなくなった、会社や学校でうまくやっていけない、人間関係に悩む、言動に問題がある、身体的に不定愁訴がある、などといった経験は誰にでもあり、多くの心の問題が起こっている。精神保健活動とは、精神的(こころ)な健康の保持と増進を目的とするさまざまな活動である。以下、職場を中心とした精神保健活動の現状を述べる。
    2.職場の精神保健について
    働くということは、生活費を得る、と同時に人としての存在を保証する手段でもあり、人間の発達を保障する基本的条件でもある。労働なしには生活はあり得ないし、労働によって人間は自己を変革し発達する。
    しかしその反面、近年の長引く不況、大量リストラ、終身雇用制の崩壊、急速な技術革新の進歩等に伴う労働条件の変化により、過度のストレスが加わり、職場不適応症として就業への不安、緊張、恐怖、焦燥感、抑うつ感やうつ病などの心の病が出現するなど、精神的な面で大きな影響が出ている。
    (1)職場での精神保健のとらえ方
    職場での精神保健活動が目指すのは単に疾病予防にとどまらず、仕事を通じて自己実現欲求を満たし、心の健康度を高めるとともに、職場の組織活力を向上させるものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「職場における精神保健活動の実際について。」
    1.精神保健活動とは
    現代社会において、人々は多くのストレスを抱えている。何につけてもやる気がしない、興味がもてなくなった、会社や学校でうまくやっていけない、人間関係に悩む、言動に問題がある、身体的に不定愁訴がある、などといった経験は誰にでもあり、多くの心の問題が起こっている。精神保健活動とは、精神的(こころ)な健康の保持と増進を目的とするさまざまな活動である。以下、職場を中心とした精神保健活動の現状を述べる。
    2.職場の精神保健について
    働くということは、生活費を得る、と同時に人としての存在を保証する手段でもあり、人間の発達を保障する基本的条件でもある。労働なしには生活はあり得ないし、労働によって人間は自己を変革し発達する。
    しかしその反面、近年の長引く不況、大量リストラ、終身雇用制の崩壊、急速な技術革新の進歩等に伴う労働条件の変化により、過度のストレスが加わり、職場不適応症として就業への不安、緊張、恐怖、焦燥感、抑うつ感やうつ病などの心の病が出現するなど、精神的な面で大きな影響が出ている。
    職場での精神保健のとらえ方
    職場での精神保健活..

    コメント3件

    2010nanako 購入
    GOOD!!
    2006/12/02 16:49 (10年前)

    watamama 購入
    ポンイトが、多かったので最初迷いましたが、参考になりました。
    2006/12/31 8:30 (10年前)

    syokora4618 購入
    とても参考になりました。ありがとうございました!
    2007/05/23 10:30 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。