欲求と欲求不満、記憶の過程について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数779
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    人間には様々な「欲求」がある。食欲や性欲、知識欲や出世欲、金銭欲等、実に色々ある。そのような様々な欲求の中で、食欲や性欲などのように、生命をもつものならばどんなものにも存在する生得的欲求の事を一次的欲求、知識欲や出世欲、金銭欲などのように、生後様々な経験を通じて学習された欲求の事を二次的欲求と呼ぶ。
    一次的欲求には次の様な物がある。
    1.「渇動因」
    水を飲みたい、水分を体内に取り入れたいという欲求(動因)の事を言う。
    2.「空腹動因(食欲)」
    食物を食べたい、食物を体内に取り入れたいという欲求(動因)の事を言う。
    3.「睡眠欲」
    眠りたい、睡眠をとりたいという欲求(動因)の事を言う。
    4.「性動因(性欲)」
    性行動(求愛行動や配偶行動)を持ちたいという欲求(動因)の事を言う。性ホルモンの分泌等による生理的要因や、快体験や知識等の経験的要因によって生じる欲求であると考えられている。したがって人間の場合、純粋に一次的欲求であるとは言えず、二次的欲求との相互作用であると考えられている。
    二次的欲求は「社会的欲求」とも呼ばれ、対人関係に関するものと、自分自身に関するものの二つに大別出来る。前者を「社会的欲求」、後者を「自我的欲求」という事もある。
    対人関係の欲求は次の様な物がある。
    1.「愛情の欲求」
    愛し愛されたいという欲求である。親子、兄弟の愛情や友情をはじめ、他人と仲良くなりたい、動物を可愛がりたい等の欲求を言う。
    2.「所属の欲求」
    集団の一員でありたいという欲求である。皆から疎外されたくない、孤独を避けたいとい欲求を指す。
    3.「承認の欲求」
    他人から自分の行動を認めて貰いたい、尊敬されたい、賞賛を得たいという欲求で、自己顕示欲、支配欲等が含まれる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題
    1.欲求と欲求不満について。
    2.記憶の過程について。
     人間には様々な「欲求」がある。食欲や性欲、知識欲や出世欲、金銭欲等、実に色々ある。そのような様々な欲求の中で、食欲や性欲などのように、生命をもつものならばどんなものにも存在する生得的欲求の事を一次的欲求、知識欲や出世欲、金銭欲などのように、生後様々な経験を通じて学習された欲求の事を二次的欲求と呼ぶ。
     一次的欲求には次の様な物がある。
     1.「渇動因」
     水を飲みたい、水分を体内に取り入れたいという欲求(動因)の事を言う。
     2.「空腹動因(食欲)」
     食物を食べたい、食物を体内に取り入れたいという欲求(動因)の事を言う。
     3.「睡眠欲」
     眠りたい、睡眠をとりたいという欲求(動因)の事を言う。
     4.「性動因(性欲)」
     性行動(求愛行動や配偶行動)を持ちたいという欲求(動因)の事を言う。性ホルモンの分泌等による生理的要因や、快体験や知識等の経験的要因によって生じる欲求であると考えられている。したがって人間の場合、純粋に一次的欲求であるとは言えず、二次的欲求との相互作用であると考えられている。
     二次的欲求は「社会的欲..

    コメント1件

    avantgarde 購入
    大変参考になりました。有難うございます。
    2007/01/30 14:15 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。