児童虐待の分類と原因

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,749
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    最近、虐待のニュースが後を絶たない。しかし、虐待とはどういったものか、なぜ虐待が起こってしまうのか、被虐待児の援助方法など意外と知らない事が多い。そこで、将来児童に携わる職種に就きたいと考えている私は、虐待について詳しく知る必要があると思い、児童虐待の問題について追求することにした。今回のレポートでは、まず児童虐待の現状について述べ、それを踏まえて今後の対策(施策)等の課題、また今私達に出来る事を考えていきたい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童レポート課題一単位目
    最近、虐待のニュースが後を絶たない。しかし、虐待とはどういったものか、なぜ虐待が起こってしまうのか、被虐待児の援助方法など意外と知らない事が多い。そこで、将来児童に携わる職種に就きたいと考えている私は、虐待について詳しく知る必要があると思い、児童虐待の問題について追求することにした。今回のレポートでは、まず児童虐待の現状について述べ、それを踏まえて今後の対策(施策)等の課題、また今私達に出来る事を考えていきたい。
     まず児童虐待の現状について述べたいと思う。そもそも児童虐待は「児童虐待の防止に関する法律」により「身体的虐待」「心理的虐待」「性的虐待」「ネグレクト(保護の怠慢、育児放棄など)」の4種類に分類される。児童相談所に寄せられる相談を虐待の分類別にみてみると、身体的虐待、ネグレクト、心理的虐待、性的虐待の順で多いことがわかる。また、平成15年度の虐待の総相談件数についてみてみると、平成2年に比べ約24倍に増加、前年度に比べても実数で2831件増加していることがわかる。この理由としては、平成12年度における「児童虐待の防止に関する法律」の成立に伴い、広報・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。