学歴社会とは何か高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,100
ダウンロード数38
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    まずは学歴社会そのものについて自分自身の意見・考えを述べていきたいと思う。「学歴社会」そのものについて、私なりには様々な意味・捉え方があると考える。簡単に言ってしまうと「学力において人間そのものを判断してしまう社会」である。しかしながら簡単に言える程、単純なものでもない。というのも、「高学歴=社会に通用する」「低学歴=社会で通用しない」という理論が成り立つようで成り立たないからである。この考えは次のような話から、私自身が感じたことである。
    私は高校時代サッカー部に所属していました。今でも仲良い付き合いがあり、年に2・3回会っては近況報告兼ねての同窓会をしている。「高学歴」人間もいれば、もちろん「低学歴」人間もいる。そこでおもしろい話があった。
    A「お前は人生楽しそうに生きとるなぁ。俺よりも稼いでるし、自分のやりたいことで飯食ってる。うらやましいわぁ・・・」
    B「何をゆうてんねん。確かに好きに生きて充実してるけど、人生安定してるわけやないし怖いで。何もかもが自由やから逆に不安な部分もあるんやで。」
    <詳細>
    A:高校卒業後、有名大学を卒業して一流企業の営業マン。
     妻子を持ち、非常に幸せそうに見える。
    B:高校卒業後、大学中退、専門学校卒業後、単身アメリカに行き、アメリカで仕事をしながら自分の好きな人生を歩んでいる。未婚・独身。
    この上記の人間関係を見ると、非常におもしろい。
    何気ない会話の中にも「学歴社会」の影はあるのである。
    この会話の中にいた私は下記のような関係を見た。
    ・A=高学歴 B=低学歴
    ・Aの年収<Bの年収
    ・Aの生き方<Bの生き方(発する言葉で考慮する)
    ・Aの安定性>Bの安定性(学歴社会的な考え方で考慮)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ」
     まずは学歴社会そのものについて自分自身の意見・考えを述べていきたいと思う。「学歴社会」そのものについて、私なりには様々な意味・捉え方があると考える。簡単に言ってしまうと「学力において人間そのものを判断してしまう社会」である。しかしながら簡単に言える程、単純なものでもない。というのも、「高学歴=社会に通用する」「低学歴=社会で通用しない」という理論が成り立つようで成り立たないからである。この考えは次のような話から、私自身が感じたことである。
     私は高校時代サッカー部に所属していました。今でも仲良い付き合いがあり、年に2・3回会っては近況報告兼ねての同窓会をしている。「高学歴」人間もいれば、もちろん「低学歴」人間もいる。そこでおもしろい話があった。
    A「お前は人生楽しそうに生きとるなぁ。俺よりも稼いでるし、自分のやりたいことで飯食ってる。うらやましいわぁ・・・」
    B「何をゆうてんねん。確かに好きに生きて充実してるけど、人生安定してるわけやないし怖いで。何もかもが自由やから逆に不..

    コメント6件

    yuupyon 購入
    参考になりました
    2006/11/08 20:06 (10年1ヶ月前)

    e531207 購入
    参考になりました。
    2006/12/05 23:29 (10年前)

    keyakix 購入
    参考になりました。視野が広がりました。
    2007/02/25 10:51 (9年9ヶ月前)

    joeyabuki 購入
    ありがとうございました
    2007/03/28 0:37 (9年8ヶ月前)

    make 購入
    参考になりました。
    2007/05/09 19:15 (9年7ヶ月前)

    takada49 購入
    参考になりました。
    2007/06/18 1:00 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。