情報概論1

会員3,240円 | 非会員3,888円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数526
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ビジネスにおけるインターネットの利用の現状は、企業としての広報・案内としてのホームページは当然のモノであり、電子商取引も非常に活発になっている。
    その取引プロセスでは、受注、発注、決済以外にも、商品の案内や配送などの処理、さらには商品開発までを含め、取引にかかわる対象の組み合わせにより、BtoB、BtoC、CtoCのように表す。
    BtoCのBは、企業(BUSINESS)の頭文字、Cは、消費者(CONSUMER)の頭文字である。
     ブロードバンドが普及した現在、IP電話の品質も向上し、長距離電話やテレビ電話のコスト削減に貢献している。
     また、いつでもどこでもネットワークに接続できるユビキタスな時代が訪れようとしている。
     だからこ、そセキュリティーの問題は重要である。
    企業は、個人情報やノウハウなど社内秘にしている情報などがあるので、社内ネットワークを、ファイアーウォールにてインターネットからの攻撃に備える必要がある。
     ここで、企業の社内ネットワークについて、説明をしたい。
    ネットワーク構成は、集中処理システムと分散処理システムに分けることができる。
     ホストコンピュータが中核となる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。