地域主義とは、何か。 地域主義が生み出す経済ブロックの種類には、どのようなものがあるのか。 説明しなさい。貿易論分冊1原稿

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数773
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     地域主義とは何か、地域主義とは複数の国が締結し、加盟国で構成する一定の地域の中で、貿易障壁を撤廃して、自由な貿易を推進しようとするものである。
     それは、地域内では自由貿易主義をとるものの、地域外に対しては或る程度の差別を当然のこととして形成される。
     しかし、地域主義の生み出す経済ブロックには、地域外に対する政策の違いによって、対外政策は構成国の自由とする、統合度の緩やかな自由貿易地域から、経済政策まで同じものであることを要求する、統合度の高い経済連合まで、数種類のバリエーションがある。
    ①自由貿易地域:経済統合の度合いが最も緩く、構成国の間の貿易障壁は全て撤廃される。
    したがって、モノは、構成国の間では、同一の国の中と同じように、自由に取引される。
    自由貿易地域の特徴としては、各構成国が地域外の国々に対しては独自の政策をとることが出来ることである。
     すなわち、各構成国は、域外の国との貿易については、自由に関税、割当その他の制限を個別に設けることが出来る。
    ②関税同盟:経済統合の度合いが一歩進んだもので、域外国に対して共通の貿易政策を実施し、通常、共通域外関税の形をとる。
     これ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。