生活の因子である「物理的環境」と「科学的環境」について説明せよ分冊1原稿

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数17,158
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     生活環境とは個人にとって外界現象の総合である。
    生活環境を因子に分けると、
    ①物理的環境:空気、光、音、熱、放射線など
    ②科学的環境:ガス、蒸気、粉塵、溶剤、金属など
    ③生物的環境:細菌、ウイルス、寄生虫など
    ④社会的環境:個人以外の人間、家庭、学校、産業、町村、都市など
    ⑤文化的環境:習慣、宗教など
    のように分類される。
     生活において直接にかかわりのある環境因子としては、
    空気--気温、気流、気圧、大気汚染など
    土地--地温、地気、土地成分など
    光--光線、紫外線、赤外線など
    水--水質、水量、降雨量、水温など
    音--楽音、騒音など
    がある。
    生活環境因子である「物理的環境」と「科学的環境」の二つを見ていると、環境問題が見えてくる。
    ・物理的環境については、自分で変革する余地の少ないものだといえる。
    ・化学的環境は社会が中心となり、個々が意識をすれば変革する可能性がありうるものと考えられる。
     環境問題としての例として、地球温暖化を参考にしてみたい。
    1990年代に入り、地球温暖化が人類をはじめとする生物界全体に深刻な問題をもたらすことが指摘され始めた。
    温暖化の原因としてさまざ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。