広告の擁護と批判を述べ、それをどう受け止めるか、論じなさい。分冊2原稿

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数333
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     広告の擁護と批判について英・米の学者が、論じているので参考にしたい。
    1、Alfred Marshall(イギリスの経済学者)
    <擁護的見解> 広告という言葉の本来の用い方は、広告を建設的に利用することで売り手・買手の便宣をはかりその注意を引くための方法であって、これが建設的広告である。
     人々の欲求が大きくて潜在的である場合は、それを満たす能力のある新製品の説明に必要
    なあらゆる手段を尽くすことが望ましい。
     これらは特別に建設的広告といえる。
    <批判的見解> 企業が行う広告は戦闘的で自己の製品の名をむやみに繰り返して人に押し付けていて、このような戦闘的広告の影響力は、理性よりも盲目的な習慣の力を通じて発揮されている。
     この様な広告は社会浪費を生む。
    2、A.C.Pigou(イギリスの経済学者)
    <擁護的見解> 広告をすることは説明書による販売の必然的結果であり、また広告は人々にその趣味に合った商品の存在を知らせるという社会的目的を果たしている。
     広告の中には、消費者に新しい欲望を起こさせ、その充足によって社会的福祉を実質的に増加させるものでもある。
     それが大規模に同時的に発..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。