消費の決定について答えなさい

会員2,700円 | 非会員3,240円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数497
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1、消費者の決定について説明する。
    ①無差別曲線の性質・・
    (1)無差別曲線は右下がりの曲線である。
    (2)原点から遠いほど高い効用がある。
    (3)無差別曲線は交わらない。
    (4)原点に対して凸である。
    ②2財の場合の予算線・・
     予算線とは予算制約式を、財・サービスの消費量と財価格のグラフ上に描いた直線である。
    複数の消費財を購入するときは、支出額が予算を下回らないといけない。
    消費財が2財のケースを考えてみると、Paを第1財の価格、Pbを第2財の価格、Mを予算額とするとき、予算制約式は次の不等式になる。(但し、Pa=Pa、Pb=Pb、M=Mとする)
    M≧Pa x a + Pb x b ・・ 1・1
    (1・1式は「予算空間内」での消費行動を示す)
     予算をすべて支出する場合の消費行動について考察する。
    1・1式において横軸を a、縦軸を b、とするとして縦軸 bについて解くと
    b =―Pa/Pb×a +M/Pb ・・ 1・2
    1・2式において、a =0とするとb=M/Pbが縦軸の切片となることがわかる。
    そして勾配はーPa/Pb(但し、Pa>0、Pb>0)となる。
    さらに1・1式に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。