経営戦略の意味と重要性,経営戦略のタイプ、経営戦略と組織の関係などについて述べなさい。

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,606
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     経営学の分野で戦略と言う概念が登場したのは1960年のアメリカにおいてであり、先駆者となったのはチャンドラーであった。
     チャンドラーは1962年の「経営戦略と組織」において、ビッグ・ビジネスの成長過程を経営史的に分析し、成長戦略が異なれば異なった組織構造が採用されることを実証的に明らかにし、有名な「組織構造は戦略に従う」という、チャンドラー命題を導き出した。 
     経営戦略の著名な研究者である、チャンドラー、アンソフ、アンドルーズ、伊丹敬之、加護野忠男、らの定義を抽出すると「基本方針」「長期的観点」「環境との関わり方」などが経営戦略の本質的要素として見えてくる。
    経営戦略とは何を意味しているのか、ここでは、経営戦略を次のように定義する。
     「経営戦略とは、企業の基本方針や将来像を、長期的観点から、環境との関わり方を中心に描いた意思決定の指針である。」
     経営戦略が重要であるのは、企業が環境に適応しながらその目的を実現し存続していくためである。
     経営戦略のタイプを見てみると、特に企業体系に関わる戦略を「企業戦略」、それぞれの事業分野に関わる戦略を「事業戦略」、研究開発、マーケティング..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。