会計学

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数606
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     1929年10月、アメリカのウォールマート街で発生した株式市場の大暴落で多くの投資家が損害を被ったが、その結果、投資家保護の理念のもとに証券の正常な売買を意図した証券法や証券取引法が法制化され、こうした動きの中で会計原則制定に関する機運が高まったのである。
     このためアメリカ会計士協会(後のAICPA)ならびにアメリカ会計学会(AAA )がそれぞれの立場から会計原則を公表していった。
     それらが、今日の「一般に認められた会計原則」(GAAP)の基礎となったのである。
     一般に認められた会計原則を意味するGAAPは、財務諸表を作成する際の拠り所であり、基礎的なルールを提供する原則である。
     GAAPの萌芽を説明すると、GAAPは、AICPAとニューヨーク株式取引所との間に交わされた所管がもとになって、公認会計士の報告書の中で一般に用いられるようになった。
     GAAPの必要性について山本繁教授は、企業・産業比較・分析を行うと言う観点から会計の標準化・統一化の要請が有ったと指摘し、標準化・統一化は、会計報告の様式と言った形式面での「標準化」から、次第に認められた会計原則の設定と言う実質面で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。