消費者行政について述べなさい

会員3,024円 | 非会員3,628円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数389
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    消費者行政は消費者保護の行政とも呼ばれ、要するに消費者保護に関する行政である。
    19世紀が労働問題の問題発見であったのに対し、20世紀は消費者問題の問題発見と言われている。
    豊かな経済社会に入り、企業と消費者の間に経済両面における情報のギャップはますます著しくなった。
    このことから生ずる力の格差が、消費者を相対的に弱者の地位に陥れ、消費者主権の名とは裏腹に企業は実力の座についたことで、 ここから現代の消費者問題は始まったのだ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    消費者行政は消費者保護の行政とも呼ばれ、要するに消費者保護に関する行政である。
     19世紀が労働問題の問題発見であったのに対し、20世紀は消費者問題の問題発見と言われている。
    豊かな経済社会に入り、企業と消費者の間に経済両面における情報のギャップはますます著しくなった。
     このことから生ずる力の格差が、消費者を相対的に弱者の地位に陥れ、消費者主権の名とは裏腹に企業は実力の座についたことで、 ここから現代の消費者問題は始まったのだ。
    この弱い消費者を保護し、教育し、救助して企業と対抗できる抵抗力を持つまでに組織化を促し自立させる事を政府の新しい任務として消費者行政が登場した。
    産業優先から、生活優先へのきりかえの合言葉に、生活環境整備、社会福祉対策とともに消費者政策の重要性も新しい分野の行政として浮かび上がってきたのだ。
    消費者保護の基本、消費者保護基本法は物価問題が激化し始めて頃の、昭和42年に調査団を組み、43年5月には消費者保護基本法が短時間で成立した。
    内容は、消費者利益の擁護を目的としており、
    全体として国民の消費者問題への関心は基本法制定を期として画期的に高まり、マスコミもよ..

    コメント2件

    bardot 購入
    教科書を中心によくまとめられています
    2006/11/04 5:47 (10年1ヶ月前)

    yvonco 購入
    助かりました。これからもよろしくお願い申し上げます。
    2007/03/15 10:22 (9年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。