フランスとドイツの産業革命

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,764
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    フランスについては、中小規模の農業の強力な存在がイギリスとは違った。イギリスで産業革命が成功した原因の1つに、農地の大土地所有が半ば強制的に進み、土地を失った農民が都市に流入、賃金労働者として労働力を提供する背景があったことがあげられます。しかし、封建制が残ったフランスにはそれがなく、フランス革命では農民はむしろ土地を提供されたり、小作から自作農になることができたりしたため、産業革命に必要な労働力の提供には結びつきませんでした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    産業革命は、イギリスでは18世紀におこり、フランス、ドイツなどではその影響を受けつつ、19世紀に入ってから本格化した。
    フランスについては、中小規模の農業の強力な存在がイギリスとは違った。
    イギリスで産業革命が成功した原因の1つに、農地の大土地所有が半ば強制的に進み、
    土地を失った農民が都市に流入、賃金労働者として労働力を提供する背景があったことがあげられます。
    しかし、封建制が残ったフランスにはそれがなく、フランス革命では農民はむしろ土地を提供されたり、小作から自作農になることができたりしたため、産業革命に必要な労働力の提供には結びつきませんでした。
    イギリスでは1811年にはすでに農業人口は35%を割っていたのに,フランスではそうなるのに,さらに1世紀以上を要した。
    工業所得が農業所得を上回るのも,イギリスでは19世紀初頭以前のことだがフランスでは1890年ごろである。
    こうした緩慢さの第1の原因は,フランス工業にとっての市場の狭隘さにあった。
    イギリスが世界市場を支配したために,主としては国内市場に頼ることになるが,その国内市場も,フランス革命期の土地問題処理の影響で小農民が大量..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。